F8D9s8Sf2jKsAvJ1461480229_1461480236

dannauwaki

夫と愛人を別れさせたい、という相談は、

弁護士や探偵事務所にとても多く相談が寄せられます。

 

今まで長く夫婦をやってきたのに、

新しく好きな人ができたから、はい離婚。と言われても

困ってしまいますよね?

 

今回は夫と愛人とを合法的に別れさせる方法を

紹介したいと思います。

 

愛人に内容証明郵便を送る

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_s

夫の愛人に内容証明郵便を送ります。

 

内容証明郵便は普通郵便と違って手紙を送ったという

事実と、手紙を受け取ったという事実の証明ができます。

 

内容証明郵便に、愛人に対して慰謝料を請求する文言を書きます。

 

相場は500万円ぐらいでしょうか。

 

慰謝料の請求額は、高過ぎず、低すぎずの現実的な

金額がいいでしょう。

 

あなたの旦那さんの愛人が若いほど、

内容証明郵便であること、中身が慰謝料請求である事実を

突きつけられ、この時点で不倫をやめるケースが多いです。

 

そして内容証明郵便を送り前に

不倫の物的証拠をきちんと用意しておく必要があります。

 

不倫相手の女に誓約書を書かせる

不倫相手の女と直接会い、

「今後会わない(交際しない)」という誓約書を書かせます。

 

誓約書には「再び交際した場合には慰謝料500万円を請求するものとする。」

などの文言を書き添えるといいでしょう。

 

再び交際した時の慰謝料を高額過ぎる設定にしてしまうと、

法的に無効になる可能性があります。

 

現実的な500万円ぐらいが妥当です。

 

内容証明郵便と並んで誓約書も、不倫という不貞行為を

理解させるので、相手の女性次第ではすぐに不倫を

やめさせることができます。

調停・訴訟を起こす

98157908a877a4a5995e3627ef7f85ed

 

内容証明郵便でも誓約書でも不貞行為を認めない、

事実を軽視する場合は調停や訴訟を起こすのも方法です。

 

調停はあなただけでもできます。

訴訟を起こすには必ず弁護士が必要です。

 

訴訟を起こすと社会的な信用が堕ちますから、この時点で

不倫を止める女性が多いです。

 

訴訟で不倫が認められると相手の女性が実際に支払う金額は

50万円から200万円ほどです。

 

あなたが訴訟を起こす時の慰謝料請求額は500万円から1000万円が

相場になります。

 

愛人の親に直訴する

愛人の親に不倫の事実を直訴するのも

有効な手段です。

 

相手の両親が、娘が不貞行為を行っていると

分かれば、娘に傷がつくのを恐れて別れさせる

可能性がとても高いです。

 

女の親に直訴する場合も不倫の証拠がなければ

説得力がありません。

 

行動を起こす前にプロによる確固たる証拠を

あらかじめ用意しておくといいでしょう。

 

夫の上司に相談する

夫の上司に相談するのも良い方法です。

 

特にお堅い職業であればあるほど、

会社がトラブルを嫌う傾向があるので

夫の職種によっては上司への相談は有効です。

 

マイナスイメージを嫌う会社であれば、

不倫をやめさせるよう行動してくれることもあります。

 

いかがでしたか?

 

夫と愛人を別れさせる方法は

いくつかやり方があります。

 

いずれにしても、法律的にも有効になる

不倫の証拠をプロにあらかじめ用意してもらってください。

 

その後、あなたが行動すれば、不倫をしていた事実から

夫も愛人も逃げられなくなります。

 

そしてあなたも有利に行動していくことができるのです。

tanteimuryo