dakiau

fukuensyashinshita

 

元カレと復縁したいなら、メールテクニックを使って

上手く復縁に持っていけるとスムーズです。

 

ではどんなメールテクニックを使ったら

復縁につなげることができるのでしょうか?

 

復縁メールとして送ってはいけないメールの例、

復縁するのにふさわしいメールの例を

それぞれ紹介したいと思います!

 

復縁したいのに送ってはいけないメールの例

wakare

 

復縁したいのに「会いたい」「あなたのことが忘れられない」

元カレとやり直したいという気持ちはわかるのですが、

こういった気持ちはあなた中心の感情です。

 

元カレも復縁したい!と今同じように思っているかというと、

それはわかりません。

 

元カレからの立場で考えると、

「どうして別れたのに自分の気持ちを押し付けるんだろう」と

不快感を与えてしまうことも。

 

復縁のためのメールは、

あくまで復縁につなげるためのメールです。

 

この時点ではあなたの気持ちを伝えないようにしましょう。

 

復縁したいのに彼女面(ヅラ)する

 

例えば、「どこ行ってたの?」「誰と会っていたの?」

という内容のメール。

 

残念ですが、今は別れている二人。

 

元カレがどこに行こうが、誰と会おうが基本的に自由。

 

こういった内容のメールは

「どうして別れてまで束縛されなきゃいけないの」と

彼は思うことでしょう。

 

あなたの中で元カレはもう別れて他人になっている男性、

という認識を持ちましょう。

 

その上で二人の関係を再構築していくのです。

 

復縁したいのに返事を催促する

 

メールやLINEの返事を無視されると

誰だって悲しくなります。

 

これは存在を無視されたかのように

思えるからです。

 

でも、「どうして返信してくれないの?」とか、

「なんで無視するの?」など続けざまに

元カレにメールを送ってはいけません。

 

実はメールって無視しても返事なしでも

構わないツールです。

 

元カレだって、忙しくて返信できなかったのかもしれないし、

たまたまその日は不機嫌だったのかもしれません。

 

そんな時にあなたが輪をかけて元カレを追い詰めてはいけません。

 

ではどんな復縁のメールテクニックを使えばいい?

まず、まとめていうと、

・短くて明るい内容のメール

・返事がこなかったら放置

 

こういったメールテクニックを使いましょう。

 

元彼に送るメールは

「元気?」とか、「最近どう?」の短いメール一言でかまいません。

短く明るめに!

さっぱりし過ぎてるように思えますが、

あくまで「あなたは」どうしてる?

といった内容を送ってみてください。

 

その後元カレから返事がこなくても慌てないこと。

 

返事がこなかったらこなかったで放置です。

kijishita